レンジャー訓練体験談 自衛隊体験談

『レンジャー訓練の体験談』教官に言われた今も残ってる印象的な言葉

ここでは僕が陸上自衛隊が誇る最も過酷な訓練、レンジャー訓練の期間中に教官に日々言われてきた言葉で、

今尚印象に残ってる強烈な言葉を紹介したいと思う。

どれもレンジャー訓練のような極限状態での環境だからこそ重みを感じる言葉であったし

それは自衛隊を退職後の人生でも影響を与えている。

やはりレンジャー訓練というのはまさに一生物の経験であり宝であると思える。

それでは前置きはこのくらいにしておき紹介していこうではないか。

動画でもどうぞお楽しみください!

👇👇

 

1つ目、仲間から責められていた時、教官がその仲間に放った言葉

あれはレンジャー訓練の山地機動におけるコンパス行進や地図判読の訓練をしていた時の話。

この時各2バディ「2人1組✖︎2の合計4名」ごとに別れて別々の場所から地図やコンパスを用いて目的地まで向かう訓練をしていた。

訓練中の深夜の時間帯に差し掛かったこの時、ある事件が勃発した、、、

僕が疲労のあまり訓練中に何度も立ったまま寝てしまったのだ汗。

それを見て火がついた教官がテンション上がり始めて訓練内容は急遽変更となった。

僕以外の3人の仲間にその辺に転がってた大きな丸太を担がせた状態で僕が先頭に立ち、

コンパス行進や地図判読を僕だけにさせた状態で目的地に移動させようとしたのだ。

いわゆるペナルティのようなもの、、、

当時僕は地図判読がかなり苦手で現在地もわからないレベルだったので頭が真っ白に、、、

教官たちは僕に何も一切教えてくれず「さあここはどこかな〜w」を茶々を入れながら数時間暗闇の山中を徘徊する羽目になった、、、

仲間の3人は丸太を担がされた状態で迷子状態の僕について行くだけの状況で当然僕に怒り心頭、、、

この訓練が終わって食事時間に支給されたレーション「自衛隊のパック飯」を4人で食べてる時、案の定僕は仲間から責められた。

『なんであの場面で寝るんじゃ!』

『原隊復帰しろや!』

『ぶっ●すぞ!』etc,,,

散々言われてしまった汗。

この様子を遠目から見ていたある教官が、『なんやお前ら、いじめとんか?』

と駆けつけてきた。

ここで放った教官の一言が今も僕の心に残っている、それが、、、

 

 

お前らそうやって仲間を攻め立ててる人間はどうなるか知ってるか?

最終的には自分の子供や嫁といった家族にまで同じようなことをするようになるんだぞ!

そんな奴になりたくないなら今のうちから自分の言動に気をつけろ

 

この言葉を受けて僕を責めていた仲間3人は黙り込んでしまった。

おそらく僕より心に刺さったからではないだろうか?

自衛隊ではレンジャー教育に限らずあらゆる訓練や教育で仲間の失敗を責めてしまいがちです。

連帯責任などが要因の1つなのですが。

なので自衛官の誰もがこのセリフを聞けば他職業の誰よりも刺さりやすいセリフだと思います。

ちなみにこの一件があってしばらくバディが口を聞いてくれませんでした「苦笑」、、、

この話はのちに仲間から『丸太事件』と呼ばれるようになったw

 

余談ではあるがレンジャー訓練を終えてから再開したこの発言をした教官にこの話をしたら忘れられていた笑。

人によって同じ訓練をしていても印象に残った思い出は異なるのだなと思った。

 

2つ目、常日頃から訓練に手を抜かせないために言われてきた言葉

 

『もうすぐ今日が終わるぞ?』

 

この言葉は訓練間ある助教に言われてきたもの。

教育期間中に言われてきたことの1つに「レンジャー訓練の1つ1つは確かにハードで、

でもそのキツさに自分が甘えてしまい手を抜いてしまうとそれが負い目となりずっと後悔してしまう」という。

そうならないためにも教官、助教たちは真剣に被教育者たちを叱りつけハッパかけていたのだろうと今になって思う。

1日1日を後悔しないように大切に生きないといけないと気づかせてもらえる言葉。

もちろん1人前のレンジャー隊員に育てるためというのが大前提なのだが。

この言葉はレンジャー訓練を終えても自衛隊を辞めた後でも未だに僕の頭の中で聞こえてくるほど印象深い。

自分に甘えてしまいダラけてしまった日があればいつもこの言葉を思い出してしまい心に刺さってしまう。

この言葉を投げかけた助教もそれだけ心を込めて僕ら被教育者に向けてきたのだろうな、、、

 

これも余談ではあるが、この『もうすぐ今日が終わるぞ?』を朝っぱらから言われると流石に「まだ始まったばっかりやんけ!」

とノリツッコミを入れてしまいたくなる笑

 

まとめ

冒頭でも言いましたが、この言葉たちはレンジャー教育修了後や自衛隊退職後の今尚僕の心に残っている言葉たちです。

この記事を書いたのはどうしても誰かにこの話をしてみたいと思った、いわゆる自己満記事なのですがw

僕のレンジャー訓練体験談が少しでも誰かに感動してもらえたり良い影響を与えられたら嬉しいなと思います。

これからも自衛隊経験や学んだ知識などを発信していくのでよろしくです!

今回も最後まで読んでくださりありがとうございます!

 

/自衛隊員と出会いたい女性、一般女性との出会いに憧れる自衛官さんはどうぞ!/


 

 

/自衛隊員と結婚したい女性、一般女性と結婚したい自衛官さんはここ!/


-レンジャー訓練体験談, 自衛隊体験談

© 2022 エイジの自衛隊体験記 Powered by AFFINGER5